波佐見事業計画書1「棚田カフェ〜日替わり夫婦マスターが昼夜三交代で24時間営業〜」

2016.01.24 Sunday

0
    私は、波佐見に初めてやってくる知人がいるとほぼ必ず鬼木棚田に連れていく。

    この景色は日本の原風景であるので、初めて見る都会の人であっても何故か落ち着く。

    そんな素敵な場所であるけれども、じっくり腰を落ち着ける場所がない。

    素敵な場所に喫茶店というか、食堂のような憩いの場所があるべきではないのか。
    と、こういった問題意識から以下の事業を提案します。

    コンセプト:峠の茶屋の現代版【棚田を見下ろす場所で土地の人々が営むカフェ】

    出店地:
    鬼木棚田を見下ろすことができる空家、もしくは改修が必要な廃屋

    出店の目的:
    1.波佐見に初めて訪れる方向けのゲストハウスとして、
    地域住民の人々と来訪者が直接触れ合うことを最大の意義とする。

    2.地域の人々が日替わりで店番をすることによって、自らの創作物を
    多くの人々に味わってもらうことで作る喜びを味わっていただく。

    3.このカフェを情報発信基地と設定することで、波佐見住民の皆さんからみた
    観光スポット案内を行える基地とする。つまり私設観光案内所になる。

    4.農業、窯業、その他産業を営む人々がこのカフェにそれぞれの専門分野を
    持ち寄ることで小規模な見本市として活用可能。
    (什器、食器、食材、サービス、各企業のサービスをこのカフェで提供)

    5.日替店主制にすることで各店主が重荷なく店舗運営の経験を積むことができる。
    この運営を契機に、自らの営業店を開く足がかりとし活用することができる。

    6.店舗運営者が変化していくことで、飽きの来ない店舗運営が可能。
    シーズンによって変化していくサービスを期待できるのでリピーター確保も期待できる。

    運営スタッフ:
    毎日日替わりで2人一組で3交代のスタッフが6か月間運営。
    (つまりスタッフの組み合わせは1クールに21人)
    各スタッフが希望する場合は継続的に運営委託。
    希望しない場合には、新しいスタッフと交代。希望者多数の場合には、
    運営スタッフおよび出資者を囲んで、プレゼンテーションによって運営者決定。

    コスト:
    建物改装コスト(できるだけ現状を維持し、最低限の食器・水回り・暑さ寒さ対策品以外は購入しない)

    提供品目:
    日々のマスターが作った手作り茶菓子・軽食、コーヒー、日本茶、その他地場飲料

    想定客単価:
    一人500円(コーヒー一杯)敢えて食事分は想定しない

    座席想定:
    二人席×5、四人席×3、8人席×2

    営業時間:
    0時から24時(途中6時から30分、14時から30分、22時から30分の3回休憩)

    営業日:
    年中無休(棚田祭り期間中はイベント等により閉店の可能性あり)

    想定日次売上:
    500円×2人×6組×24時間×30日=4,320,000円(月単位)

    想定労賃:
    時給800円×24時間×2人×30日=1,152,000円(月単位)

    想定光熱費:
    150,000円(月単位)

    想定家賃費:
    100,000円(月単位)

    想定宣伝費:
    50,000円(月単位)

    想定材料費:
    200円×288人×30日=1,728,000円(月単位)

    想定荒利益:
    1,140,000円(月単位)

    初期改修コストと定期雇用が生じた場合のコストを踏まえると、
    ほとんど利益が残らない計算になるかと考えられる。

    しかし、この事業は新しい事業を生み出す為の大きなハコとして、
    想定しているので、その点は一定の割り切りが必要との認識で、
    ざっくりと考えてみました。

    今後も明確な調査もなく、いったんは思いつくままに
    私が考える事業案をこの場に提示しながら、
    多くの方のご意見を伺っていきます。
    もちろん、そのどれかが現実になることを信じて。

    波佐見棚田
    コメント
    鬼木郷の原住民か東京から来た人なら、やれる余地はあります。波佐見町内人は、やりにくいです。それは鬼木郷の因習があるからやぐらしかです。その問題解決にエネルギーを盗られます。
    深沢さん
    そうですね。オーナーは余所者がよかですね。
    ただし、波佐見の人が定連になれるお店でなければ繁盛しません。
    • by 光
    • 2016/01/24 2:33 PM
    コメントする